バーチャルオフィスのinsquare|TOP > インスクエアメルマガ バックナンバー


TOP >> ;『「有難う御座います。」が飲食店の基本でしょ』 インスクエア ビジネスニュース Vol.1483

『「有難う御座います。」が飲食店の基本でしょ』 インスクエア ビジネスニュース Vol.1483

■[ インスクエア ビジネスニュース ]━■

 エイジレスな起業支援
 インスクエアが送る【最新!ビジネス情報】
 http://in-sq.com
■━━━━━━[vol.1483]2018/01/24━■

メルマガ無料購読申込はこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
01本日のコラム -

「有難う御座います。」が飲食店の基本でしょ?
…………………………………………………
白濱 一久 (飲食店・食品商品開発プロデューサー)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは!

一昨日の大雪の帰宅から、昨日の出勤と関東一円
はすっかり天災にやられてしまいました。

雪国の皆様から見れば、「もろいな」と言われて
も仕方ない有様ですが、帰宅命令を受けて早目に
帰宅した方々もターミナル駅の入場規制等で対応
が大変だったのではないでしょうか。

私も新商品の試食会があったのですが、15時には
帰宅することが出来ましたので、何とか問題なく
過ごす事が出来ました。

「備えあれば憂いなし」ですが、天災への対応は
なかなか大変ですね。

さて、今回のお題です。

「有難う御座います。」が飲食店の基本でしょ?

です。

先日、顧問先の某オフィス街でランチをしました
。夜は少しおしゃれなちょっと高級な焼鳥屋にな
るようです。

今回はランチでの使用です。メニューや壁には、
色々とウンチクが書かれてます。

下調べも同行の方の説明もないので、ウンチクに
より期待値が上がります。

メニューを渡され、ひとつひとつのメニューにも
ウンチクが書かれていますので、迷いながらも決
めました。

ホールの店員さんを呼んでオーダーすると、

「前払いになりますので」

と店員さん。

まぁオフィス街のランチなので、効率重視だよね
と思い代金を支払いお釣りを受け取ります。

最初にサラダが運ばれてきました。

私はサラダを運んできた店員さんに、

「お水を下さい」と言いました。

すると、

「お水はセルフサービスです」

と店員さんは返答。

先程と同じ理由で、「まあしょうがないか」と
もう一度自分に言い聞かせてお水をセルフで用意
します。

まあ、ドレッシングやお肉のソースも手作りで、
美味しかったのですが、問題はこの後です。

同行者と席を立ち、出口を出ました。その間、

「有難う御座いました」

という声は聴かれず、、、、、

びっくりです。効率性を求めるのはしょうがない
として、

「たくさんある飲食店の中で、私たちの店を選ん
で頂いて あ・り・が・と・う」

じゃないのか?

明らかに私たちが席を立ったのは気付いてました
。だって店は狭いし、13時過ぎていたので、客も
まばらでしたし。

がっくり、びっくりでした。

効率重視なので「ありがとう」も言わないのだろ
うか?

この瞬間に、ウンチクは「能書きたれ」に変わり
二度と来店するもんか という気持ちになりまし
た。

その時、効率の塊のような吉野家の事を思い出し
ました。

吉野家が券売機ではない理由について、以前に経
営陣が答えていました。

『券売機を置くと「ご注文は何にいたしますか」
という接客用語が、ひとつ減ってしまうという』

そして

『代金の受け渡しという接客行為もひとつ減る』

と。

『牛丼を食べる刹那的な時間ではあるけれど、こ
うした、お客さんとのメンタルな繋がりを大事に
していきたい。そういうマインドを、心根のとこ
ろで共有していきたいということなんです』

と理由を説明されています。

効率重視も重要だが、食べるのは人間。

『商売の基本は感謝なのではないか?』

ともう一度、気を引き締める瞬間を頂きました。

「能書きタレの焼鳥屋さん」

『勉強になるタレで あ・り・が・と・う』

さてさてそんなこんなで海外視察、新商品開発
の依頼、飲食店のプロデュースも随時受け付け
ております。
下記、メールアドレスまでお連絡下さい。

それでは、多謝・再見
——————————————
▼プロフィール:飲食店・食品プロデューサー
・氏名:白濱 一久(しらはま かずひさ)
・出身:福岡県
フーディア株式会社 代表取締役

http://foodia-inc.com/

飲食プロデュース歴17年
国内8業態62店舗、海外4業態7店舗の実績
食品商品開発・地方ブランディング歴8年
インスクエアサポーター(食品飲食ビジネス・海外進出担当)
連絡先:shirahama.imagine@gmail.com
—————————————–

関連記事

« 1月 2018 2月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28